仮想通貨取引所おすすめ5社徹底比較!

仮想通貨の購入をご検討中の方が一番最初に悩むのは、「仮想通貨はどこで購入すればいいの?」という購入方法ですよね?

仮想通貨は完全デジタル通貨なのでインターネット上で買うことができます。そして、購入できるところを「仮想通貨取引所」と言います。

 

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容が異なるのも特徴ですね。

では、投資初心者の方におすすめの仮想通貨取引所はどこなのでしょうか?今回は、ランキング形式で、初心者向きの仮想通貨取引所を5つ紹介していきましょう。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

1位 ビットフライヤー(bitflyer)|仮想通貨取引量、国内ナンバーワン!

 

ビットフライヤーは、仮想通貨取引量とユーザー数で国内ナンバーワンを誇る実績があります。仮想通貨の流動性が高いことから、投資初心者の方から、上級者の方まで利用され、非常に人気の高い取引所となっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーの基礎情報は下記のようになります。

取り扱い仮想通貨 ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

ライトコイン(Litecoin)

取引手数料 0.01~0.15%
銀行振込手数料 顧客負担
クイック入金手数料 324円
日本円出金手数料 216~756円

 

取り扱い通貨の数は5種類と、国内取引所でも少ないものの、人気のある銘柄は一通り揃っていると見てよいでしょう。

早くから不正ログイン保証サービスを実施しており、安全面でも問題なしの万能型取引所と言えます。

 

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

 

無料で即時送金できる独自サービス「bitWire(ビットワイヤー)」

ビットフライヤーが独自に提供するサービスに「bitWire(ビットワイヤー)」があります。

このビットワイヤーを利用すると、ユーザー同士でメールアドレスを指定するだけでビットコインが送付できます。しかも送付時間はたったの1秒で済むというのが最大の強みですね。

 

ビットワイヤーで仮想通貨を送金すると、送金手数料が無料で利用できます。そのため、各種代金支払いなどに利用すると非常に便利に使えるでしょう。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

アカウントグレードによって取引できる内容が異なる

 

ビットフライヤーには、「アカウントクラス」という概念が存在します。「ウォレットクラス」と「トレードクラスで、それぞれビットフライヤーで取引できる内容が異なってきます。

ウォレットクラスは一般会員のようなもので、仮想通貨の入出金や送金ができますが、仮想通貨を購入したり売却することができません。つまり、口座に資金を貯めることができても、実際の運用や投資はできないということですね。

一方、トレードクラスでは、入出金や送金に加え、仮想通貨の購入や売却も可能です。いわゆるプレミアム会員と言えば分かりやすいでしょうか。

仮想通貨の投資を考えている方は、トレードクラスに昇格しないと売買ができませんので注意しましょう。ただし、昇格の方法は、ウォレットクラスに登録後、本人確認書類を提出するだけなので簡単に行うことができます。

 

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

 

 

ザイフ(Zaif)|自動積立サービスで老後の資産をゲット!

 

ザイフは、「マイナス手数料」と「自動積立サービス」という2つの独自サービスを打ち出している国内取引所です。どちらも、ユーザーにとっては魅力的な内容となっており、ザイフを利用するユーザー数も増加傾向にあります。

 

特に、自動積立サービスは、「ドル・コスト平均法」によって算出されており、ビットコインを自動で購入できる利点があります。口座から自動で引き落としされるので、ユーザーの手を煩わせず、スムーズに投資することが可能です。

 

取り扱い仮想通貨 ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)

イーサリアム(Ethereum)

モナコイン(MONA)

ネム(NEM)

取引手数料 -0.01%
銀行振込手数料 顧客負担
クイック入金手数料
日本円出金手数料 350~756円

 

 

マイナス手数料システムで、取引を行うごとにお金がもらえる

 

ザイフには、「マイナス手数料」という仕組みが存在します。

一般的に、仮想通貨取引所では、ビットコインやアルトコインを取引する度に数%の手数料を取られます。しかし、ザイフの場合は、取引手数料が-0.01%に設定されています。手数料がマイナスに設定されているということは、取引を行う度に逆に手数料分が上乗せして利益になるということです。

この珍しいシステムは、他の取引所では滅多に見られません。

投資初心者の方ほど、最初の内は取引で失敗してしまうことも多いでしょう。しかし、手数料分を利益として受け取れるので、たくさん取引しても少しずつリスク分の金額を取り戻すことができるのですね。

 

★Zaifで手数料もお得に仮想通貨取引を!★

 

自動積立サービスでローリスク投資が可能に!

 

ザイフには「自動積立」という独自のサービスがあります。これは、毎月27日に希望金額を自動で引き落とし、翌月10日~翌々月9日まで、1日ごとに仮想通貨を積み立ててくれる内容となっています。

こうした積立投資法は、大きな損を出しやすい仮想通貨取引において、ローリスクの運用が可能です。例えば、月に1万円までを投資することをあらかじめ決めておけば、決して生活資金を食い尽くすことなく安全な範囲で投資を行えるのです。

 

 

しかし、投資する人は人間なので、チャートの状況次第では、どうしても多めに金額を投資したい場合もありますよね?ただ、投資金額が増えるほど、生活資金が底をついたり、大きな損失が発生するリスクもあります。それでは積立投資の意味がありません。

 

そんな時、有効なのが自動積立サービスです。通貨を購入する量と日付を機械が自動で行ってくれるので、人間の感情が入り込む余地がなくなります。そのため、毎月必ず一定量の投資金額を投入することで、安全な取引が可能なのです。

 

★Zaifの自動積立で「安全に」老後資金の準備を★

 

バイナンス(Binance)|取り扱い通貨数90種類以上!分散投資におすすめ

 

バイナンスとは、海外で仮想通貨を購入したり送金したりできる取引所のことです。日本国内の取引所には、ビットフライヤーやコインチェックという取引所がありますが、バイナンスは完全中国資本の取引所です。

 

→Binance(バイナンス)取引所詳細へ

 

取り扱い仮想通貨 バイナンスコイン(Binance)

ジーキャッシュ(Zcash)

リスク(Lisk)

トロン(TRON)

カルダノ(Cardano)

など

取引手数料 0.1%
メイカー手数料 0.1%
テイカ―手数料 0.1%

 

バイナンスは、2017年7月と最近設立したばかりの新興取引所ですが、既に世界の取引所の中では上位ランキングに位置付けられています

 

「中国の取引所と聞くと少し不安」という方も多いのではないでしょうか?しかし、心配はいりません。既にバイナンスで取引される仮想通貨の量は、世界でも5位の中に入っており、それだけ世界の信用力も高いことを意味しています。

 

なかなか殺風景なホーム画面ですが、シンプルで良し。

 

新興取引所でありながら、ここまで世界に認められたところも珍しく、国内取引所大手であるビットフライヤーやコインチェックと比べても、そのパワーは圧巻たるものです。

では、バイナンス取引所では具体的にどんなことができるのでしょうか?その魅力について簡単に解説していきましょう。

 

>>バイナンスで仮想通貨取引を始める!

取り扱い通貨数90種類以上の強み

 

バイナンスに上場している仮想通貨は、およそ90種類以上にものぼります。上場とは、その取引所に登録することで、購入や取引が可能になることですね。

この数字の凄さは、日本国内の取引所と比べてみるとよく分かります。

日本の仮想通貨取引所で最も通貨取り扱い種類が多いのはコインチェック(簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck)です。コインチェックでは13種類の仮想通貨取引が可能ですが、バイナンスと比較すると、かなり少ないように思えますよね。

 

仮想通貨の取り扱い量が多いということは、今後大きく儲けるチャンスも拡大するということです。なぜなら、バイナンスで購入できる仮想通貨は、まだまだマイナーなものが多いため、今の内に投資しておくことで、将来ぐっと価値が上がる可能性が高いのですね。

特に現在のチャートでは、主流のビットコインや、イーサリアムやリップルなど人気のあるアルトコインの価格が急上昇し、大きな利益を狙うことが難しくなっています。そんな時だからこそ、新興通貨に投資し、一気に儲けるチャンスがあるのもバイナンス取引所なのです。

 

もし、日本国内の取引所で投資に少しずつ慣れ始めた方は、バイナンスに登録して一攫千金を狙ってみても良いかもしれません。

>>バイナンスで仮想通貨取引を始める!

圧倒的な低コストで他の取引所と差別化

 

バイナンス取引所は、他の取引所と比べても破格の手数料の安さが魅力です。

取引に対する手数料は0.1%しかとられません。特に、日本の取引所を普段使用している方は、高額の手数料に悩んでいる方も多いでしょう。しかし、バイナンスを利用することで、ほとんど手数料がかからずに仮想通貨取引を行うことが可能です。

 

 

また、バイナンスでは独自で発行している「バイナンスコイン」という専用通貨があります。手数料を支払う際に、このバイナンスコインで決済を行うことで、取引手数料がさらに半額になります。

ただでさえ安い手数料が、半額の0.05%になるというのは、ほとんど無料で取引が行えることを意味します。

 

>>バイナンスで仮想通貨取引を始める!

 

GMOコイン|レバレッジ投資で大きな利益が狙える!

 

GMOコインは、日本のネット大手企業「GMOインターネットグループ」が傘下として抱える、国内大手販売所のことです。設立されたのは2016年10月と新興の販売所ながら、イーサリアムやリップルといった人気銘柄が揃って上場し注目を集めています。


取り扱い仮想通貨 ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)

イーサリアム(Ethereum)

リップル(Ripple)

ライトコイン(Litecoin)

取引手数料 無料
銀行振込手数料 顧客負担
クイック入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料

 

GMOコインの大きな特徴は、あらゆる手数料が無料に設定されている点です。他の仮想通貨取引所と比べても、ここまで費用がかからないところも珍しいでしょう。

また、GMOコインは「仮想通貨FX」「レバレッジ取引」の2つの独自サービスを展開しています。それぞれ詳細について解説していきましょう。

仮想通貨FXを利用して少ない資金で大きな利益を!

 

仮想通貨FXは、通常の仮想通貨取引とは少し異なります。例えば、取引所でビットコインの売買を行う場合、1BTC=100万円の時に買い、それより価値が高くなったところで売れば利益が発生しますよね。その際に得られる利益は、「購入数×価格上昇分」です。

しかし、仮想通貨FXの場合は、仮に100万円の元手があるとすると、その最大25倍までの投資を行うことができます。これをレバレッジ取引と呼びます。

仮に、1BTC=100万円の時に、レバレッジ25倍で1BTC買ったとしましょう。すると、保有している資産は100万円ではなく、実質2500万円分を保有していることと同じになります。

もちろん、最大25倍もの利益を計上できるメリットがある反面、損をした場合は最大25倍もの損失を計上するデメリットもあります

レバレッジを設定する際は最低5倍からスタートできますので、初心者の内は少ない倍率からスタートする方が良いでしょう。ただ、レバレッジを利用して大きな利益を狙うことも可能です。

仮想通貨FXも【GMOコイン】

まとめ:初心者の内は国内取引所、慣れてきたら海外取引所を利用しよう!

国内取引所は、きめ細かいサービス品質と、不正ログイン保証サービスなどの安心取引が魅力的です。一方、海外の取引所にも長所があり、特に手数料の安さや、取り扱う通貨の種類の多さは群を抜きます。

ただ、海外取引所の場合は、日本円で入金ができない場合が多く、日本語に対応していない取引所も多いため、投資初心者の方は、まず国内取引所で市場に慣れることから始めてみましょう。

また、海外取引所には、日本では販売していない魅力的な銘柄も多いため、少しずつ投資に慣れ始めたという方は、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

番外編:コインチェック(coincheck)セキュリティさえしっかりしてれば・・・

 

コインチェックは、取り扱う仮想通貨の数が国内ナンバーワンの取引所です。その数は13種類にも及び、人気のある銘柄のほとんどを購入することができます。

※2018.1.27追記 コインチェックのXEM流出・盗難問題について

26日の午前3時ごろより段階的に580憶円分のXEM(ネムコイン)が引き出されていたことが発覚した問題で、コインチェックのセキュリティの甘さが露呈した形となっています。

Mt.Goxのビットコイン盗難がまだ記憶に新しいということもあり、これから取引を開始したいと考えている人にとってはかなり不安なニュースかと思います。

 

no title

出典:News+α

 

私は2013年から仮想通貨に参入しており、じつはMt.Gox事件のとき被害にあっています。債権者会議にも出席したのですが、後処理を引き継いだ米Kraken社がいまだ対応に追われている状態で、失ったビットコインは返ってきていません

今回のコインチェックのセキュリティにも問題点がいくつかありました。

 

詳しくは技術的な解説が必要なので別記事で書きますが、大きくはコインチェックが

 

  1. 「コールドウォレット(オフラインで資金を管理する)」を使用していなかったこと
  2. XEMに関しては(推奨されていたにも関わらず)マルチシグに対応していなかったこと

 

があります。

つまり、顧客の資金管理においてかなり甘い対策をしていたことが露呈した形となっています。

今後コインチェックがどのような対応をするのか、買収や再起はあり得るのか、なにより顧客の資金が補償されるのかについては新たな発表を待たなくてはなりません。

 

当サイトおすすめ取引所ビットフライヤーに関しては、上記2点の顧客資金セキュリティ管理について最初から万全の対策をとっていますので、ご安心ください。

 

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!
※2018.1.28追記

異例の瞬足対応で、コインチェックより日本円での盗難分補てんが発表されました

以下メール本文の引用です↓

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

総額       : 5億2300万XEM
保有者数   : 約26万人
補償方法   : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法   : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

 

対応としては素晴らしく、損失を抱えた方にとってはひとまずホッと胸をなでおろす発表だったことと思います。

このまま迅速に補償がされれば御の字なのですが、その後コインチェック広報担当の会見において、「補償時期に関して目途が立っていない」との発言もありましたので、まだ予断を許さない状況です。

また補償分が日本円で支払われるということから、顧客に課される税金についても今後たしかな情報が出るまでは、まだもろ手を挙げて喜べる…というわけにはいかないでしょう。

ただコインチェック側も会社が存続する場合は、今回のことを教訓に、おそらくセキュリティにはかなり力を入れていくことと思います。

もちろんそれまで相場は待ってくれませんから、信頼のある取引所を選ぶならビットフライヤーをおすすめします。

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

 

それではコインチェックの基礎情報を見ていきましょう。

 

取り扱い仮想通貨 ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)

イーサリアム(Ethereum)

リップル(Ripple)

ネム(NEM)

など

取引手数料 0%
銀行振込手数料 顧客負担
クイック入金手数料 756円~
日本円出金手数料 400円

 

 

コインチェックには、「コインチェックペイメント」「コインチェックでんき」など利便性の高いサービスを提供しています。それぞれ、どんなサービス内容なのか詳しく紹介していきましょう。

法人向けにぴったりのサービス「コインチェックペイメント」

 

コインチェックペイメントとは、簡単に言えば、「ビットコインを利用した決済機能」を追加することです。

例えば、飲食店などを経営している方がコインチェックペイメントに申し込む、自分の店舗での決済方法に「ビットコイン支払い」を追加することができます。

しかも、ユーザーから支払われたビットコインはコインチェックペイメントが一時的に受け取り、即座に日本円に入金してくれるので、わざわざ店舗で通貨の管理をする必要がありません。

電気代の1~7%を還元!コインチェックでんき

コインチェックでんきは、月々の電気代を仮想通貨で支払えたり、電気料金に応じて仮想通貨を受け取れるサービスです。

 

特に、電気料金に応じた仮想通貨の受け取りの場合、電気代の1~7%をビットコインで還元してくれるので、毎月の支払いが非常にお得になるでしょう。

もし、ビットコインの価格が2倍になれば、実質2~14%も電気代を節約できることになります。

 

コインチェックは今後のセキュリティ強化に期待(再起なれば・・・)

というわけで、日本円出金再開したコインチェックをどこかの企業が買収するのか、このまま消えてなくなってしまうのか。

それはまだわかりませんが、上にあるように優秀でおトクなシステムもたくさんあるので、もし復活する場合は今後の活躍に期待したいところです!

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 この記事へのコメント

  1. […] おすすめ仮想通貨取引所! […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

《最安はココ!》仮想通貨取引手数料比較!

コインチェックに絶望した方へ:セキュリティ対策万全!な国内仮想通貨取引所は<ビッ...