【画像付き】ビットフライヤーの登録手順や入金方法、仮想通貨の買い方

ビットフライヤーは会員数200万人を超える、日本最大級の仮想通貨取引所となっています。潤沢なユーザー数と資本金で高い信用力を誇り、セキュリティや安全性の高さでも注目を集めています。

仮想通貨のハッキングや盗難が相次ぐ中で、その安全性やバックアップ体制、使い勝手などから、当サイトでもおすすめしている取引所です。

 

つい先日の仮想通貨取引所「コインチェック」のNEMコイン流出・盗難は、歴史上最大規模の盗難事件として、仮想通貨業界全体にネガティブな注目を集めて...

 


今回は、そんなbitFlyer(ビットフライヤー)の登録手順から、実際に仮想通貨を購入するまでの流れを画像付きでわかりやすく紹介していきます!

 

ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨投資を行いたい方はぜひともご参考にしてみてください(*´ω`)

 

Bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引を始める!

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

 

ビットフライヤーは、ユーザー数200万人を超える日本最大級の取引所です。24時間あたりの仮想通貨取引高は140億円と、世界で20番目に位置します。(2018年4月22日時点)

 

ビットフライヤーで扱っている仮想通貨は以下の通りです。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

 

メジャー通貨であるビットコインやイーサリアムの取り扱いはもちろんですが、まだ国内で扱いの少ないリスク(LISK)を購入できる点が大きいです。

 

日本国内には「ビットフライヤー」や「Zaif」といった有名取引所がありますが、そこで購入できる仮想通貨の種類は最大で14種類までと決まっています...

 

ビットコインの取引手数料は0.01~0.15%となっており、クイック入金手数料は324円、日本円出金手数料は216~756円です。

 


他の取引所と比べると、手数料自体は決して安いわけではないようだけど…それでもビットフライヤーが人気を集める理由って、何なのでしょうか?

 

 

実は、ビットフライヤーには他社にはない独自サービスがあり、「bitWire(ビットワイヤー)」と呼ばれています。

 

 


ビットワイヤーは、同じビットフライヤー同士のアカウントであれば、メールアドレスの指定だけで即時に仮想通貨の送金が可能です。処理反映時間が速く、方法も簡単なので、使い勝手の良いサービスとして人気があります。

 

また、メールアドレスやパスワードの他に第三のセキュリティコードでログインする「2段階認証」や、万が一の事故に備えた「不正ログイン保証サービス」などセキュリティ体制の高さが特徴で、安全に取引できる環境が整っていることも人気の秘密です。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引を始める!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を買う方法

 

ビットフライヤーでは、ビットコインやイーサリアムなど、合計7種類の仮想通貨売買ができます。実際に取引を行うには、以下の手順を踏む必要があります。

 

  • ビットフライヤーに登録
  • ビットフライヤーに口座開設
  • 仮想通貨を注文

 


ちょっと面倒そうに思えますが、やってみると思った以上に簡単で拍子抜けします(;´∀`)口座開設に審査期間を要するものの、それぞれの作業はほんの数分もあれば完了です

 

それでは、ビットフライヤーで仮想通貨を買うまでの流れを手順を追って解説していきましょう。

 

ビットフライヤーに登録してみよう!

 


ビットフライヤーで仮想通貨を買うには、まず公式サイトに会員情報を登録する必要があります。サイトへの登録は以下の3つの手順で成り立っています。

 

  • メールアドレス登録
  • 個人情報の登録
  • 本人確認書類のアップロード

 

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引を始める!

 

1. メールアドレス登録

 

bitflyer,登録

 

ビットフライヤーの会員情報を作るには、メールアドレスが必要になります。公式サイトにアクセスし、トップページからメールアドレスを入力してください。

 

すると、アドレス宛にメールが届きますので、中に記載されている「キーワード」をコピーしましょう。

 

ビットフライヤー,登録,メール,仮想通貨,取引所

 

ビットフライヤーの公式サイトに戻ると、上のような画面が表示されています。ここで先ほどメールで受け取った「キーワード」を入力し、「アカウント作成」をクリックします。

 


メールには、キーワードの他にも「初回ログインパスワード」が記載されています。メールアドレスと初回ログインパスワードを使ってログインしてみましょう。

 

 

2. 個人情報の登録

 

ビットフライヤーにログインすると、トップページに「アカウント情報」があります。そこから、「ご本人情報の登録」をクリックします。

 

ビットフライヤー,bitflyer,登録,手順

 

上のような画面が開くと、氏名から住所、生年月日など、全ての項目を埋めていきます。

 

この後、身分証明書をアップロードするので、証明書と入力内容が合致するかどうか念入りに確認しておきましょう

 

 

3. 本人確認書類のアップロード

 

個人情報の登録が終われば、すぐに次の画面に移ります。

 

ビットフライヤー,本人確認,bitflyer,登録,使い方

 

ここでは、個人情報の整合性を確かめるために、本人確認書類のアップロードを行います。

 

ビットフライヤーで認められている本人確認書類は以下の通りです。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 外国人登録証明書
  • IDセルフィー

 

そして、書類は以下の3通りの撮影を行う必要があります。

 

  1. 本人と身分証明書が一緒に写っている写真
  2. 身分証明書(表側)
  3. 身分証明書(裏側)

 

先ほどの画面に戻り、上から1、2、3の順番でアップロードしていきます。

添付ファイルを選択」を選ぶと、パソコンに保存されている画像を選べます。撮影した身分証明書の画像ファイルを選んでください。

 

最後に「本人確認書類を提出する」を選べば終了です!

 


後は、ビットフライヤー側が個人情報と書類を確かめて審査を行います。無事に審査を通過すれば、約2~3日後に通知書が届きますので、今後自由に仮想通貨の取引が可能です。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引を始める!

 

ビットフライヤーの口座開設方法

 

ビットフライヤーで仮想通貨取引を行うには、ご自身の口座を開設して、そこへ日本円などを入金します。そして、入金した資金とビットコインなどを交換するのです。

口座に入金するには、まずお手持ちの金融機関の口座に資金を振り込みます。

 


ビットフライヤーが用意しているのは、「三井住友銀行」か、「住信SBIネット銀行」の2行となり、どちらかの口座を持っていれば、銀行に支払う手数料が無料!

 

特に、住信SBIネット銀行なら、入金情報が即座に反映されます。

 

ビットフライヤー,銀行,登録,使い方,入金

 

まずは、ビットフライヤーの公式サイトにログインし、ホーム画面にある「入金」をクリックします。すると、上のような画面が表示されます。

 

ここではご自身の利用する銀行口座を登録していきます。「主要銀行から選択」、もしくは「50音から選択」で銀行を選びます。そして支店名や口座番号など全ての情報を入力してください。

 

クイック入金,bitflyer,使い方,登録

 

次の画面に進むと、「日本円ご入金(通常入金)」か、「クイック入金」のどちらかを選びます。クイック入金は、銀行受付時間の10時から15時以外でも即日入金ができますが、手数料が324円かかります。急いでいる時はクイック入金がおすすめです。

 

ビットフライヤー,仮想通貨,入金,日本円,方法

 

今度は、ビットフライヤーが用意している振込先を選びます。そして、「ご入金額」に金額を入力すると、ビットフライヤーの口座に資金が反映します。これで、仮想通貨を買う下準備が整いました。

 

ビットフライヤーで仮想通貨を買ってみよう!

 

ビットフライヤーで実際に仮想通貨を買ってみましょう。まずは、ログインページのホーム画面より「ビットコイン取引所」をクリックします。

 

注文板,ビットフライヤー,bitflyer,仮想通貨,買い方,取引

 

すると、上のような「注文板」と呼ばれる画面が表示されます。

 


基本的に「Ask」は、「売りたい人がこれくらいいます」という情報で、逆に「Bid」は「買いたい人の数」を表します。中央に表示されている「JPY/BTC」は、「売りたい(買いたい)人のビットコインの価格」のことです。

 

ビットフライヤー,仮想通貨,注文板,買い方,取引,方法

 

同じ取引画面には上のような注文画面も表示されています。

ここで、「買いたい(売りたい)数量」と価格を入力し、「コインを売る」か、「コインを買う」をクリックします。これが、ビットフライヤーの基本的な取引の流れとなります。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引を始める!

 

まとめ

 

ビットフライヤーに登録するには審査時間が多少発生してしまいますが、単純に個人情報の精査を行っているだけなので、あまり身構えずに気軽に登録できます。

審査さえ済めば、後は入金を行って仮想通貨を買うだけです!

 

「仮想通貨を始めてみたいけど、全く分からない」 そんなお悩みを抱く方に、今回は仮想通貨の基本の「き」である仕組みや買い方、リスクなどについ...

 


ビットフライヤーには合計7種類の銘柄があるので、複数の投資先に分散することでリスクを抑えることができます。特に、ビットフライヤー上場によって注目を浴びたモナコインやリスクなどは狙い目と言えるでしょう。

 

今回紹介した登録手順をご参考に、ぜひとも仮想通貨投資にチャレンジしてみてください(*´ω`)

 

Bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引を始める!

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

コインチェックに絶望した方へ:セキュリティ対策万全!な国内仮想通貨取引所は<ビッ...

仮想通貨取引所おすすめ5社徹底比較!

《最安はココ!》仮想通貨取引手数料比較!