仮想通貨の基本の「き」仕組み・買い方・リスク<初心者必見!その3>

「仮想通貨を始めてみたいけど、全く分からない」

そんなお悩みを抱く方に、今回は仮想通貨の基本の「き」である仕組みや買い方、リスクなどについて紹介していきましょう。

仮想通貨は自己責任、そして値動きの激しい金融商品でもあります。そのため、なんの知識もなしに見切り発車するのは賢明とは言えません。これから紹介する仮想通貨の基礎を知って、ぜひとも今後の投資に活かしてみてください。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の仕組み「ブロックチェーン技術」

 

仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる技術が使われています。ブロックチェーンを非常に簡単に説明すると、「世界中のユーザーによって取引内容を監視し合うこと」となります。

金融商品などを扱う市場では画期的な技術で、一般的に金融商品の売買や取引を行う際はデータは完全非公開です。

しかし、仮想通貨では、あえてデータを公開することで、ユーザー全員がデータを共有でき、問題が発生したら、他のユーザーによって早期に気付くことができるのですね。

 

 

「でも、悪意のある人もデータを見れるのは危険じゃないのか?」と思う方もいらっしゃるでしょう。その意見は最もです。

 

しかし、仮想通貨の取引データを書き換えようとしても、そう簡単にはできません。仮想通貨では、過去のデータから現在までのデータ(ブロックと言います)を個別に管理し、それぞれが鎖のように繋がっています。(これがブロックチェーンの名称の由来です)

そのため、第三者がデータを改ざんしようとすると、過去のデータまで全てさかのぼって内容を書き換える必要があるのですね。つまり、データ改ざんに要する作業は複雑化するのです。

 

 

そして、第三者が複雑な作業に時間を取られている間に、データを監視しているユーザーによって問題個所が発見されます。すると不正を行った人が明らかになるという仕組みですね。

仮想通貨に対して不正を行う人からすると、このブロックチェーンという仕組みは、複雑すぎて作業に時間がかかり、大変リスクの高い行動になってしまうのです。それが抑止力となって不正を妨げているという面もあります。

 

 

ここで言いたいのは、ブロックチェーン技術が備わっている仮想通貨は、取引を行う上で非常に安全だということです。

ただし、仮想通貨を売買する取引所では、常にハッキングや不正アクセスのリスクは残っていることも忘れてはいけません。

 

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

 

仮想通貨を購入する方法

 

仮想通貨を購入するには、「仮想通貨取引所」という場所を経由して行います。仮想通貨取引所には国内、海外に分かれ、世界中に数多くの取引所が存在しています。

 

それぞれの取引所によって扱っている仮想通貨の種類は異なり、最も銘柄数の多い取引所では160種類以上もの通貨を購入できます

 

>>銘柄豊富な<バイナンス>で仮想通貨取引!

 

また、取引所によって手数料が異なったり、それぞれ独自サービスを展開しているなど、個性があるので、初心者が選択するのは難しいとも言えます。そこで、ここからは、仮想通貨取引所選びの5つのポイントについて紹介していきます。

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...

 

仮想通貨取引所選びの5つのポイント

 

取引所はどこでも良いというわけではありません。取引所によって、安全性や手数料など見るべきポイントはたくさんあるので、よく考慮して選ぶようにしましょう。

特に初心者の内に気をつけたいポイントについて下記で5つ紹介していきます。

 

仮想通貨交換業者登録

 

金融庁が定める「仮想通貨交換業者」は、資金決済法上の定義に該当することを確認された業者ということで信頼が置ける取引所であることを示します。

 

 

取引所が登録されているか否かは、金融庁のホームページから仮想通貨交換業者登録一覧」ページから確認できます。このページに掲載されるには、国から厳しい検査を受ける必要があるので、登録済みの取引所は安全性やセキュリティが高いことが分かるでしょう。

これからも、登録される取引所は増えていくと思われますが、この一覧に載っておらず、かつ聞いたこともないような取引所は避けた方が無難です。

 

金融庁に登録済みの国内取引所なら、ビットフライヤーがおすすめです

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

 

取り扱い通貨の種類

 

仮想通貨には、ビットコイン以外にも、「アルトコイン」と呼ばれる通貨も2000~3000種類以上存在するとされます。アルトコインは「ビットコインの代替通貨」として、ビットコイン以外の総称として用いられます。

 

日本国内には「ビットフライヤー」や「Zaif」といった有名取引所がありますが、そこで購入できる仮想通貨の種類は最大で14種類までと決まっています...

 

取り扱い通貨の種類は取引所によって異なり、少ないところでは数種類、多いところでは10種類以上の銘柄を選べます。基本的に海外取引所の方が銘柄数は多く、100を超える種類が選べる場合も少なくありません。

通貨の種類が多いほど、将来的にアルトコインに投資する時に、新たに取引所に登録する手間が省けます。

 

また、取引所によっては売買をたくさん行うほど手数料が安くなるところもあるので、一か所でまとめて投資を行った方がトータルでお得になる可能性もあります。

 

仮想通貨を扱う取引所はそれぞれ設定している手数料が異なるので、今回は、国内の主要取引所の比較を行ってみました。 ...

 

★Zaifは金融庁認可&取引するごとに逆に手数料がもらえるお得な取引所です★↓

★Zaifで手数料もお得に仮想通貨取引を!★

 

取引量・ユーザー数

 

取引所の仮想通貨取引量やユーザー数が多いということは、それだけたくさんの人が利用しているという点で信頼度が高まります

逆に、利用している人が少ないと、通貨の流動性が低くなり、取引が成立しにくいデメリットがあります。買いたいと思った時に買えて、売りたいと思った時に売るには、ある程度の取引量とユーザー数を確保している取引所を選ぶ必要があるでしょう。

 

→国内取引量No.1は《ビットフライヤー》!

 

手数料・スプレッド

 

仮想通貨に関わらず、投資全般に言えるのは、手数料やスプレッドを低めに抑えることが重要ということです。

手数料は、仮想通貨の売買を行う度に支払うお金のことです。

 

 

★Zaifは金融庁認可&取引するごとに逆に手数料がもらえるお得な取引所です★↓

★Zaifで手数料もお得に仮想通貨取引を!★

 

スプレッドとは、売買をする際に生じる価格の差額を表します。

例えば、ビットコインの価格が買いの時に100円、売りの時に99円だとします。ビットコイン100円分購入し、すぐに売ると1円の損失が出てしまいます。この差額のことをスプレッドと言います。

 

 

基本的に、スプレッドも手数料と同様、取引所に対して支払うお金のことなので、極力低い方が低コストで投資を行うことができます

 

★手数料・スプレッドもお得な取引所はZaif(ザイフ)!★

 

セキュリティ・安全性

 

取引所のセキュリティや安全面も考慮に入れる必要があります。取引所には高額の資産が集まっているため、常にハッキングや不正アクセスの危機にさらされているからです。

 

 

取引所のセキュリティ面を比較するなら、ネットワークから切り離したオフライン状態で資産を保管できる「コールドウォレットや、ひとつのアドレスに対して複数のセキュリティキーが割り当てられる「マルチシグネチャ」などが導入されているかも調べておきましょう。

セキュリティの甘い取引所を利用した場合、自分の資産を盗まれたり、個人情報を抜かれてしまう可能性もあるので、各取引所の安全性は特に注意したいですね。

 

つい先日の仮想通貨取引所「コインチェック」のNEMコイン流出・盗難は、歴史上最大規模の盗難事件として、仮想通貨業界全体にネガティブな注目を集めて...

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨のリスクとリスクを抑える方法

 

仮想通貨で投資を行う際の大きなリスクとして、「価格変動リスク」と「長期保有リスク」が挙げられます。

仮想通貨は、株式やFXなどと比べて非常に価格の変動が激しい金融商品とされます。そのため、利益を出した時に得る金額は大きい反面、損失を出した時の金額も増える傾向にあります。

 

また、長期間仮想通貨を保有していることで、将来の不確実性はどんどん高まっていきます。(=リスクが高まる)

では、初心者にとって仮想通貨は手を出さないほうがよいのでしょうかと言えば、決してそんなことはありません。投資手法によっては、こうしたリスクを最小限に抑えて、極めて安全に投資することも可能です。

 

では、その投資手法について2つ解説していきましょう。

 

分散投資で激しい値動きのリスクを抑える

 

仮想通貨は分散投資を行うには非常に最適な環境があります。

分散投資とは、投資先を色々な銘柄に分けることで、激しい値動きのリスクを最小限に抑えるメリットがあります。

 

例えば、Aという銘柄とBという銘柄の2種類を保有している場合。仮にAで損失を計上しても、Bの銘柄で損失を取り戻し、カバーすることが可能なのですね。

 

また、AとBの価格が同時に上昇した場合は、利益の幅も広がるため、リスクを抑えつつ、高いリターンも狙える性質があります。

仮想通貨には数千種類にも及ぶ豊富な銘柄が存在します。そのため、投資先を分散するには非常に適していると言えるでしょう。

 

仮想通貨に投資する方にとって、今後どの銘柄が上昇するのかという将来性を予測するのは非常に重要ですよね。 2018年2月現在の仮想通貨は、中...

 

積立投資で長期間保有するリスクを抑える

 

 

積立投資は、月々決まった金額分の仮想通貨を購入して徐々に積み立てていく方法です。

 

積立投資のメリットは、一気に多額の通貨を購入した場合と比べ、相場が下落した時の損失を抑えることができます。

相場が上昇した際は受け取れるリターンも少なくなるものの、一気買いした場合は高値掴みになってしまう可能性もあるため、積立投資の方が安定した利益を出すことができるのですね。

短期的に見ると、一気買いをする方が大きな利益を出す可能性は高いですが、長期的な成績を見ると、積立投資の方が途中で大きな損失を出すことなく、安定して利益を出すことができるでしょう。

 

★Zaifの自動積立で「安全に」老後資金の準備を★

 

まとめ:投資を決断したらなら行動はお早めに

 

仮想通貨の投資を決断したら、行動に移るのは早ければ早いほど良いでしょう。

なぜなら、仮想通貨は2017年下半期頃から注目度が一気に高まり、それに伴って価格の上昇も極めてハイペースになっています。

もう少し価格が落ち着いてから投資しようと躊躇していると、価格がさらに上昇し、リスクを抑えることすら難しくなってくるでしょう。

かといって仮想通貨には大きなリスクもつきまとうのは確かです。投資するタイミングはしっかりと考慮しつつ、迅速に行動するバランス感覚も大切でしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

<お手軽便利>なおすすめ仮想通貨関連アプリまとめ

P2P(ピア・トゥ・ピア)技術の仕組みを解説!

ビットコインをウォレットで安全に保管!<特徴・種類・作成方法>

ブロックチェーンの仕組み/初心者必見!<その1>

ビットコイン「採掘(マイニング)」で稼ぐ!方法は?リスクは?

仮想通貨のチャートの見方を徹底解説!<初心者必見!>ローソク足を覚えよう