ブロックチェーンの仕組み/初心者必見!<その1>

仮想通貨にはブロックチェーンが使われているから安心?でも、そもそもブロックチェーンって何?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

仮想通貨を売買したり送金したりするには、正直言ってブロックチェーンの知識は必要ありません。

しかし、仮想通貨のシステムにはブロックチェーン技術が組み込まれたものが多数あるため、ブロックチェーンを理解することで、より安全な取引所やウォレットを選んだり、有望な投資銘柄を選択することに役立ちます

 

 

そこで、今回は、仮想通貨を始めたての方にも理解できる、ブロックチェーンに関する易しい解説を行っていきましょう。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨発展の最大要因『ブロックチェーン』

 

仮想通貨の安全性の大部分を担っており、仮想通貨のシステムの根幹部分を支えるのが「ブロックチェーン」という仕組みです。

ブロックチェーンとは、第三者による取引記録の改ざんを防ぐためのシステムで、世界中に拡散する仮想通貨取引のユーザーによって監視されています

 

 

例えば、AさんからBさんに100万円の資金を送金するとしましょう。この時に、悪意のある第三者が送金記録にアクセスできてしまうと、データ改ざんが行われたり、不正に送金情報を操作されてしまいます。

 

そうした送金記録に対する不正アクセスを防ぐ仕組みのことをブロックチェーンというのですね。

 

ブロックチェーンは、取引を収めた「台帳」を世界中のユーザー同士で共有し、全員で記録・監視が可能です。台帳に記録された情報は誰でも閲覧ができる短所があるものの、大勢で監視することで、データに不正が発覚した場合の対処が速くなります

 

 

ブロックチェーンという名称は、取引記録をまとめたものである「ブロック」が「チェーン」状に繋がって構成されることから名付けられました。ブロックチェーンを深く理解するには、このブロックの仕組みを知っておく必要があるでしょう。

 

そこで、仮想通貨取引におけるデータの作成手順を解説していきましょう。

 

一定期間の取引データがまとまってブロックが生成される

 

仮想通貨が送金されたり、通貨の交換が行われると、台帳の中に取引データが蓄積されていきます。イメージとしては下記の通りです。

 

取引データ1:Aさん→Bさん 100円

取引データ2:Cさん→Dさん 200円

取引データ3:Bさん→Cさん 300円

 

こうした取引データが一定期間の内にまとまったものをブロックと呼びます。上記の例では、取引データ1~3が一つのブロックとして形成されるのですね。

ブロックは台帳でいう1ページに相当します。ブロック内の記録は全て、ユーザー間によって常に監視・照合が行われます

 

ハッシュナンバーによってブロックが管理される

 

ブロックが形成されると、今度は、新たな一定期間の内に新規ブロックが発生します。しかし、ブロックがどんどん発生してしまうと管理が困難になりますよね。

そこで、ブロックを一つの単位に表したものを「ハッシュ」と呼び、過去に蓄積したブロックにハッシュナンバーを付けることで、どこにデータがあるのか参照しやすくしています

それぞれのハッシュは、過去の取引データから最新の取引データへとチェーンのように繋がります。

 

ハッシュ1:2017年6月

ハッシュ2:2017年7月

ハッシュ3:2017年8月

 

ハッシュの内容が故意に更新された時は警告となる

 

ブロックに保存されている取引データが変更された場合、ハッシュの値も変わります。

基本的に、ブロック上にある取引データは自然には内容が変わることはありません。つまり、ハッシュの値が変わったということは、誰かが意図的にデータを改変した可能性が高いのですね。そのため、データの改ざんが行われた場合などは、この時点で不正があったことが明らかになります。

 

ハッシュの内容を書き換えるのは圧倒的に難しい

 

故意にデータの改ざんをした場合、ハッシュの値が変わり異変を知らせます。すると、データ改ざんを行った者は、全体の整合性を取るために、他のハッシュの値を書き換える必要に迫られます

 

しかし、過去のデータは全て保管され量が圧倒的に多いこと、さらに、ハッシュの値を書き換える間も、世界中のユーザーから監視・照合が行われていることを考えると、データの改ざんは事実上不可能と言われています。

ブロックチェーンの情報はどんどん伸びていくため、一つのデータを変更するには、その期間のハッシュから現在までの全ての情報を書き換える必要があるのです。

これが、ブロックチェーンによる安全性の仕組みとなっています。

 

「仮想通貨を始めてみたいけど、全く分からない」 そんなお悩みを抱く方に、今回は仮想通貨の基本の「き」である仕組みや買い方、リスクなどについ...

 

ブロックチェーン技術はこうして使われる!

 

ブロックチェーン技術については理解できたけど、どんなシステムや環境で利用されているのでしょうか?ここからは、ブロックチェーンを応用してできた様々なシステムやサービスを紹介していきましょう。

 

ブロックチェーンでダイヤモンドを正当評価できる「CEDEX(セデックス)」

 

 

 

セデックスとは、ビットコインやイーサリアムと同じく仮想通貨の一種です。2018年3月にプレセール開始で、まだ正式に通貨は発行されていませんが、プレセールを通じて先行投資を行うことができます。

セデックスにもブロックチェーン技術が利用されており、その役割は「ダイヤモンドの正当な評価」にあります。セデックスが開発された理由は、現在のダイヤモンド取引の市場における価値評価の難しさにあります。

 

 

ダイヤモンドは金(ゴールド)などの金融商品と比べて、4C(カラー・クラリティ・カラット・カット)という非常に複雑な価値評価基準があります。ゴールドの場合は、重さによって価値が決定されますが、ダイヤモンドの場合は、重さの他にも色合いや透明度など、価値を測るために色々な物差しが存在するのですね。

 

しかし、この方法ではプロでもダイヤモンドの価値を正確に査定するのは難しく、偽物のダイヤモンドが市場に紛れ込んでも分かりにくいという危険性をはらんでいました。

一方、セデックスはブロックチェーン技術を活用することで、多数のユーザー間でダイヤモンドの価値を査定するため、偽物が混在しにくく、誰でも安心してダイヤモンドの取引ができるような環境を目指しています。

 

ブロックチェーンによる原産地証明を試みた「ウォルマート」

 

アメリカの大手小売企業「ウォルマート」は、2016年10月よりブロックチェーンを用いた食品管理試験を開始しました。

ブロックチェーンを活用することで、店頭で販売している食品や食材が、「どこで生産されたか?」誰が生産したか?などの情報が誰でも閲覧できるようになります。

 

今までだと、食品のパッケージの裏に記載されている原産地証明などを見て購入することが一般的でしたが、日本では表記を偽装する事件などが起こりましたよね。しかし、食品業界でブロックチェーン技術が当たり前になると、素材の流通経路が透明になり、なかなかこうした事件には発展しにくいメリットが考えられます。

 

ブロックチェーンの問題点

 

ブロックチェーン技術にはメリットの他にもデメリットも存在しています。ブロックチェーンの問題として指摘されるのが、誰でも取引記録を閲覧できるという仕組みです。

 

 

これは、世界中のユーザーに情報を公開して相互監視を行えるという利点がある反面、悪意のある第三者からでも取引データを閲覧できるため、ハッキングや不正アクセスの温床になりやすいという欠点も考えられるでしょう。

そうしたブロックチェーンの弱点を補うため、「MONERO(モネロ)」や「DASH(ダッシュ)」という仮想通貨が開発されました。モネロやダッシュには、ブロックチェーン技術の代わりに「コインジョイン方式」というシステムが導入されています。

 

コインジョイン方式とは、取引データをそのまま送らずに、一度プールに保存することで匿名性を高める仕組みです。

 

例えば、AさんがBさんに200MONERO、CさんがDさんに300DASH送金したとしましょう。ブロックチェーンの場合は、こうした送金データはそのままBさんとDさんの口座に送られます。もちろん、そのデータは誰でも見たり、追跡することが可能です。

 

 

しかし、コインジョイン方式では、AさんとCさんが送った合計500MONEROという情報が、一度プールに保存されます。そして、プールからBさんとDさんの口座に送金されるという形を取ります。すると、「誰が誰にいくら送金したのか?」という情報は他の人からは追跡できません

 

日本国内には「ビットフライヤー」や「Zaif」といった有名取引所がありますが、そこで購入できる仮想通貨の種類は最大で14種類までと決まっています...

 

そのため、取引を行う人の匿名性を高め、安心して送金を行えるのですね。ただ、コインジョイン方式には、マネーロンダリングの温床になるという指摘もあるため、ブロックチェーンもコインジョイン方式も一長一短なのが分かります。

仮想通貨を扱う際は、どんなにシステムが進化しても、完全に安全な環境はないことを理解しておくべきでしょう。

 

モネロ・ダッシュ買うなら取引量<世界No.1>のバイナンス!

 

まとめ:ブロックチェーン技術で生活はより便利に!

 

ここまでブロックチェーンの特徴やメリット・デメリットなどについて紹介してきました。

ブロックチェーンを利用することで、取引の透明度を高めることができる一方、ハッキングや不正アクセスの危険性もあることが分かりました。

しかし、今後、仮想通貨の枠を越えてブロックチェーン技術の応用範囲が広がることで、私たちの生活はより便利になっていくことは間違いないでしょう。既に、小売店や銀行などを中心にシステムの開発が進められているため、今後の動向を期待して見守っていきたいですね。

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...

 

⇒ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ビットコイン初心者必見!<その2>仮想通貨投資のリスク/対処法

P2P(ピア・トゥ・ピア)技術の仕組みを解説!

ビットコインの先物取引とは?初心者の方にもわかりやすく解説します

ビットコイン「採掘(マイニング)」で稼ぐ!方法は?リスクは?

ビットコインが分裂?!「ハードフォーク」とは

レバレッジとは?<仮想通貨取引基本の「き」!>