仮想通貨のテクニカルとは?<初心者必見!>移動平均線とRSIチャートの読み方

テクニカルは株や仮想通貨の売買タイミングを知り、価格を予想するのにかかせないツールです。しかし、テクニカルを使うには基本的な知識が必要です。

 

そこで、ここではテクニカルとは何かをまとめました。

さらに、初心者の方でも使いやすい「移動平均線」と「RSI」というテクニカルも紹介してあります。

 


これをみたらテクニカルの基本は押さえられます。ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【テクニカル分析とは】

 

仮想通貨の価格を分析する上で、大きく分けてふたつの方法があります。それが「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」です。この2つはもともと株・為替の世界から生まれました。

 

ファンダメンタルズ分析とは

 

ファンダメンタルズ分析は企業の実績や金利、政治情勢から価格を分析・予想する方法です。

どちらかというと年単位の長期的な価格予想に向いている分析方法といえます。

 


ただし、仮想通貨においては、まだ歴史が浅く、蓄積されたデータも整っていないのも確かです。なので、株・為替に比べるとファンダメンタルズ分析は難しいのが現状です。

 

 

テクニカル分析とは

 

今回、紹介するテクニカル分析は、簡単にいってしまうと、ある計算方法で算出された指標をもとに現在の相場の状況や将来の価格予想をする方法です。

 


もっと簡単にいうと、チャート上で「テクニカル」というツールをつかって価格を分析するのがテクニカル分析です。なので、まずはチャートの基礎は押さえておかなければいけません

 

 

テクニカルを使うメリット3つ

 

テクニカルは数えきれないくらい種類があります。しかし、全てのテクニカルを使うのには共通したメリットがあります。

 

  1. トレンドを知る
  2. 相場の転換点を知る
  3. 買われすぎ・売られすぎを判断する

 

どんなテクニカルも上の3つの目的があるのです。

 

 

テクニカルは売買のタイミングを知るために使う

 

つまり、テクニカルは売買のタイミングを知るために使うということです。

何円で買ったらいいのか」、「買った仮想通貨は何円まで上がるのか」などはテクニカルを使えばプロでなくともある程度予測できます。

 


さて、次からはいよいよ基本的なテクニカルを紹介していきます。3種類ともとても有名なテクニカル指標で、国内の取引所でも使うことができます!

 

 

【初心者におすすめのテクニカル①・移動平均線】

 

移動平均線は一定の期間の終わりの平均値をつなぎ合わせた線のことです。全てのテクニカルの基本でありながら、初心者から上級者まで使えるのが特徴です。

 


移動平均線はアメリカのグランビルという人物が発案しました。初めて使われたのは1960年と歴史も古く、トレーダーなら知らない人はいないテクニカルの王様です。

 

「仮想通貨を始めてみたいけど、全く分からない」 そんなお悩みを抱く方に、今回は仮想通貨の基本の「き」である仕組みや買い方、リスクなどについ...

 

移動平均線の使い方~トレンドを知る~

 

初心者の方でもわかりやすい移動平均線の使い方は2つあります。一つ目はトレンドを知る方法です。

例えば、ビットコインは買いと売りどちらが優勢なのかは移動平均線を使えば簡単に判断できます。

 

ローソク足が移動平均線の上か下にあるかを確認しよう

 

まずは下のチャートをみてください。

 

ビットコイン円/日足 2017年11月30日~2018年2月7日

仮想通貨,移動平均線,RSI,チャート,分析

 

ビットコインのチャートに期間9の移動平均線を表示しました。矢印のところをみると、移動平均線の下にローソク足が推移しています。

このように、移動平均線の下でローソク足がしばらくの間推移しているのは、相場が下落トレンドであるのを示唆します。

 

反対に、移動平均線を上回っているときは上昇トレンドです。

 


まずは、ローソク足が移動平均線より上か下かにあるのかを確認すればいいということですね!

 

 

ローソク足と移動平均線の期間の設定

 

ローソク足,仮想通貨

 

移動平均線は期間の設定ができます。

この期間とはローソク足を何本さかのぼって平均値を出すかです。例えば、先ほどのチャートは期間9なので、ローソク足9本分になります。

主な移動平均線の種類は5日、25日、75日、200日があります。日足で表示させた場合、期間の設定がそれぞれ、5、25、75、200ということですね。

 

とはいったものの、最初はあらかじめ設定されている期間で構いません。あらかじめ設定されている期間に慣れてきたら、自分の取引スタイルに合わせて期間をカスタマイズしてみましょう。

 

仮想通貨に投資する方にとって、今後どの銘柄が上昇するのかという将来性を予測するのは非常に重要ですよね。 2018年2月現在の仮想通貨は、中...

 

【初心者におすすめのテクニカル②RSI】

 

RSIはある一定期間の上昇幅と下落幅を計算したテクニカルです。使い方は移動平均線以上にシンプルで、初心者の方に向いています。

 


RSIは買われすぎ・売られすぎを教えてくれるテクニカルです。チャートを見ながら使い方をみていきましょう

 

RSIの使い方

 

RSIは買われすぎゾーン・売られすぎゾーンがあります。実際のチャートをみてみましょう。

 

RSI,仮想通貨,見方,テクニカル

 

点線より、上または下の部分が買われすぎ・売られすぎゾーンです。ゾーンの中で線が反転したとき、実際にローソク足も反転していることがわかります

 

RSIを使ってトレードをするときは、この反転のときをサインにして売買します。

 

 

RSIはレンジ相場に有効なテクニカル

 

RSIはレンジ相場に有効なテクニカルです。レンジ相場とは、例えば、ビットコインが65万円~80万円で行き来して、値動きに方向感がないときです。

毎日、高値・安値を更新していくトレンド相場のときにRSIを使うとダマシが発生するため、有効ではありません

 


ダマシについては次で説明してあります!

 

【テクニカルを使う際の注意点】

 

テクニカルを使う際の注意点があります。それはどんなテクニカルも完璧ではないということです。つまり、上で説明したような正しい使い方・見方をしても必ずその通りになるとは限りません。

 

「仮想通貨は自己責任」という言葉がよく聞かれます。 その意味は、取引所が破たんしたり、通貨が盗まれたりした場合でも、取引所を運営する側には...

 

値動きがテクニカルの示唆している通りに動かないことを「ダマシ」と呼びます。

上のRSIでいえば、買われすぎゾーンで価格が反転せず、それどころかどんどん上昇する場合です。

 

その時に、RSIを信じて売ってしまったら、もちろん損をすることになりますね。

 


全てのテクニカルにはダマシがあります。なので、ダマシが起こることを知ったうえで売買をするのはとても大事です。ダマシをいかになくすかが最大の課題でもあります

 

 

テクニカルは組み合わせることもひとつを極めることもできる

 

テクニカル,仮想通貨

 

基本的に、テクニカルは数種類のテクニカルを組み合わせて使います

例えば、移動平均線で相場の状況を把握して、レンジ相場と思ったらRSIで売買のタイミングを計る、などです。

また、ひとつのテクニカルを極める人もいます。例えば、移動平均線だけでも一冊の分厚い本があるくらい、テクニカルは奥が深い世界です。

 

自分のトレードスタイルとテクニカルの性格をよく知ろう

 

今回の2つのテクニカルでいえば、移動平均線は相場の強弱をはかることができ、またトレンド相場のときに力を発揮します。

RSIはレンジ相場のときに売買のタイミングを知るのに向いています

 

このように、テクニカルは得意・不得意があります。あとは、自分がデイトレードをするのか、長期保有をするのかなど、トレードスタイルも考えて最適なテクニカルを探しましょう。

 


正直、最適なテクニカルと自分のトレードスタイルは経験を積まないとわからないものです。面倒くさいかもしれませんが、徐々に自分にあったテクニカルを見つけられるといいですね!

 

 

【まとめ】

 

最後に、テクニカルを使う意味をもう一度確認しておきましょう。

 

  1. トレンドを知る
  2. 相場の転換点を知る
  3. 買われすぎ・売られすぎを判断する

 

この3つをさらにまとめると、テクニカル最大のメリットは売買のタイミングを知れることといえるでしょう。

その中でももっとも重要な移動平均線とRSIの基本的な見方を今回はご紹介したので、ぜひチャートを使って取引をしてみてくださいね(*´ω`)

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ビットコインが分裂?!「ハードフォーク」とは

ビットコイン「採掘(マイニング)」で稼ぐ!方法は?リスクは?

ブロックチェーンの仕組み/初心者必見!<その1>

P2P(ピア・トゥ・ピア)技術の仕組みを解説!

仮想通貨の基本の「き」仕組み・買い方・リスク<初心者必見!その3>

ビットコイン初心者必見!<その2>仮想通貨投資のリスク/対処法