ライトコインの特徴・将来性・購入方法徹底解説!


ライトコインはビットコインをベースにして作られた仮想通貨です。そのため、特徴や技術はビットコインと似ている部分が多くあります。また、よくビットコインを金とすると、ライトコインは銀に例えられます。

 

今回は、仮想通貨界の「銀」といわれるライトコインについてわかりやすく解説したいと思います。

最後には購入方法も載せてあるので、そちらも参考にしてみてくださいね。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ライトコインの特徴

 

まずは、概要を簡単におさらいしてみましょう。

 


発行日は2011年10月、発行上限枚数は8400万枚です。ビットコインの発行が2009年と考えると、仮想通貨の中でも古い通貨といえます。

 

取引高は、2017年年末の時点で5位にランクインしています。国内取引所での扱いも多く、アルトコインの中でも知名度と人気は高いです。

開発者は元Googleのエンジニアであるチャーリー・リー氏です。ちなみに、リー氏はTwitterのアカウントを開設しており、フォローすればライトコインや仮想通貨に関する貴重な情報を手に入れられます。

 

 

ライトコインの特徴・ビットコインとの違いとは

 

ライトコインの特徴はその名の通り、ビットコインを軽量化したものです。なので、中身の技術はビットコインとほとんど変わりません。

しかし、容量を大きくしたり、処理スピードを高めたりと、ビットコインをそのままアップグレードさせています

 

 

その結果、ライトコインはビットコインよりも送金スピードが速いのが最大の特徴です。つまり、ビットコインをより軽く、流通しやすいように開発されたのがライトコインなのです。

次からは、ビットコインとの比較という形で、ライトコインの特徴を紹介していきたいと思います。

 

もし、この記事を読んで下さっている読者の方が上記のようなお悩みを抱えていらっしゃるなら、今回紹介する記事をぜひともご参考にしてみ...

 

発行上限枚数

 

ビットコインが2100万枚に対し、ライトコインは4倍の8400万枚です。ビットコインよりも市場に流通しやすいメリットがあります。

 

マイニング

 

ライトコインのコンセンサスアルゴリズムはビットコインと同じくPoWを採用しています。しかし、ライトコインは作業が分散化され、マイニングしやすくなっています。

またビットコインだと、マイニングする際にコンピューターの性能を高めないといけませんが、ライトコインは一般的なコンピューターで行うことが可能です。

 


マイニングが早くすむ=送金スピードを速くすることに繋がるため利用者にとっては非常に使い勝手が良く、ライトコイン普及にとって有利となることは間違いありません。

 

※コンセンサスアルゴリズムとは

簡単にいうと、マイニング(承認作業)報酬を決めるルールです。Proof of Workはよりマイニング作業をした人が報酬をもらえるシステムになっています。その他にProof of Stake,Proof of Importanceなどがあります。

 

 

決済スピードの早さ

 

 

ライトコインは結果的に、決済が2.5分で完了します。ビットコインが10分なので、およそ1/4の時間で決済ができるのです。

それは、上で説明したように、ビットコインの技術を軽量化、分散化させることにより可能となっています。

 

安全性

 

マイニングがしやすいことにより、送金スピードを速くできるのが特徴でしたね。しかし、マイニングのしやすさはハッキングなどの攻撃にあう確率が高くなります。

あくまで、ビットコインとの比較ですが、ライトコインはお手軽に使えるぶん、安全性はビットコインよりもやや劣ります

 

ライトコインの将来性

 


ライトコインの将来を占うのは、サービスの提携が増えるかがポイントになります。なぜなら、ライトコインが送金・決済に特化したように作られているからです。

 


ということはもし提携が進まなければ、ライトコインの価値はないことと同じ意味になってしまう?

 

ここでは、ライトコインのサービスの提携の実例と、もうひとつライトコインの価格に影響するマイニング半減期について紹介したいと思います。

 

2018年2月にはクレジットカード大手VISAとの提携を発表

 

2018年2月には大手クレジットカードのVISAと「LitePay」のサービスを発表しました。いわば、ライトコイン用デビットカードです。カードの中にライトコインを入金し、米ドルと両替をすることができます。

 

 

さらに、そのカードで買い物も可能です。また、ATMの利用もできるとのことです。

このニュースが発表された際、ライトコインの価格は大幅に上がりました。このように誰もが知っている会社・サービスとの提携は今後も気にしていきたいニュースですね。

今後もクレジットカード以外ではPaypalのような電子決済サービスとの提携も期待しましょう。

 

マイニング半減期

 


マイニング半減期とはマイング報酬が減る期間のことです。多くの仮想通貨はマイニング半減期を設けることですぐに発行上限枚数に達しないように、マイニング量を調整しているのです。

 

一般的に、マイニング半減期の仮想通貨は価格が上がると言われています。ライトコインは2015年に一度マイニング半減期を迎えましたが、その時は価格が上がりました。

次のマイニング半減期は2019年と決められているので、その意味ではライトコインの価格はあがる可能性があるといえるでしょう。

 

そこで今回は、将来性バツグンのアルトコインを5つ紹介したいと思います! アルトコインの中でも有名なものから...

 

ライトコインを購入できる国内取引所

 


ライトコインは国内の取引所でも多く取り扱いがあります。なので、ライトコインを購入したい方は取引所にまず登録をしましょう

 

そのうえで、ここからはライトコインを購入・取引をするのであればどこの取引所を使えばいいか特徴をあわせて紹介したいと思います。

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...

 

DMM Bitcoin

 

 

 

DMM Bitcoinは国内で唯一、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができる取引所です。レバレッジ倍率は最大5倍。なので、ライトコインでたくさん儲けたい方にはおすすめです。

 

スマホアプリは非常に見やすく、取引しやすいのが特徴となっております。

また、DMMは国内のFX口座で60万口座が開設され、長年の金融事業のノウハウがあります。それは、仮想通貨のセキュリティにも活かされ、安心して取引ができます。

 

※現物取引とレバレッジ取引

現物取引は自分の資金で仮想通貨を購入する取引です。レバレッジ取引は自分の資金を担保にして、より多くの額の取引ができます。DMMでは自分の資金の最大5倍までの取引が可能です。

 

 

老舗大手のGMOコイン

 

【GMOコイン】もFX界では誰もが知っている老舗の会社で、ライトコインは現物取引で購入が可能です。

 


GMOコインを使う最大のメリットは、スプレッドが狭いことです。なので、手数料を安く、お得にライトコインを購入することができます

 

ビットコインはレバレッジ取引も可能となっており、レバレッジ倍率は最大5倍で取引ができます。

 

またセキュリティー対策はマルチシグに加えてコールドウォレットと、安心して取引できる環境となっています。

マルチシグ、コールドウォレットに関しては下記の記事を参照してください。

 

つい先日の仮想通貨取引所「コインチェック」のNEMコイン流出・盗難は、歴史上最大規模の盗難事件として、仮想通貨業界全体にネガティブな注目を集めて...

 

※スプレッド

買うときの値段と売るときの値段の差のことです。実質手数料とも呼ばれます。スプレッドは狭いほどお得に取引ができます。

 



 

取引量No.1、セキュリティ万全なbitFlyer

 

 


bitflyerは資本金から考えれば、国内最大手の取引所です。ビットコイン取引高でも1位の取引所となっており、ライトコインは現物取引で購入可能です。

 

国内最大手、かつセキュリティにかなり力を入れているということもあり、取引の安心感はずば抜けて高いです。日本の上場企業・メガバンクからも融資され、また三井グループとは信託保全を締結しています。

 

ライトコインではありませんが、ビットコインは最大で15倍のレバレッジ取引が可能です。ぜひこの機会に国内最大手取引所で仮想通貨トレードを始めてみてはいかがでしょうか。

 

※信託保全

信託保全とは、万が一、取引所が倒産したとき、顧客の資産を銀行が保証してくれる保険のようなものです。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まとめ

 

ライトコインはビットコインの技術をベースにして作られました。なので、技術的には似ている部分が多くあります。

しかしライトコインは、ビットコインよりも送金スピードが速いです。なぜなら、ビットコインよりもマイニングにかかるコストが少ないからでしたね。

なので、今後は決済サービスとの提携に注目です。すでにVISAとの提携が決まっていますが、大手の会社と提携するニュースがあれば価格は上がる可能性が高いので、ライトコインが気になる方はそういったニュースを中心にチェックするといいでしょう。

 

また、ライトコインは国内取引所から購入・取引が可能です。まだ知らなかったかたは、この機会にライトコインの取引を始めてみてはいかがでしょうか。

 

→ビットフライヤーで《安心安全に》仮想通貨取引!

 

日本国内には「ビットフライヤー」や「Zaif」といった有名取引所がありますが、そこで購入できる仮想通貨の種類は最大で14種類までと決まっています...
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

「草コイン」てなに?購入には注意が必要?

ネム(NEM)の特徴・将来性・購入方法を徹底解説!

仮想通貨XPの特徴・買い方・将来性

どの仮想通貨を買えばいい?将来性バツグンなアルトコイン5つ!

時価総額3位!イーサリアム(ETH)とは?スマートコントラクトも解説

話題のリップル(XRP)の特徴・将来性・購入方法まとめ!