ズバリ!2018年に上がるおすすめ仮想通貨はコレ!

仮想通貨に投資する方にとって、今後どの銘柄が上昇するのかという将来性を予測するのは非常に重要ですよね。

2018年2月現在の仮想通貨は、中国と韓国の規制発表やコインチェック騒動を受けて、軒並み価格が下降傾向にあります。ただ、1月頃に多くの仮想通貨が過熱したことで、いったん価格が落ち着いたと考えることもできます

 

 

仮想通貨は、これまで大手取引所の破たんや偽造事件などがあっても大きく価格を上昇させてきました

例えば、ビットコインなどは、多くの事件に見舞われた2013年~2014年から100倍以上もの成長を見せています

 

 

たとえマイナスイベントが発生したとしても、今後は持ち直していくことも考えられるので、比較的価格の落ち着いている今がチャンスとも言えるでしょう。

では、2018年に上昇が期待できる仮想通貨はどれなのか?今年に予定されているビッグイベントやプロジェクトなどを抜き出して、おすすめ通貨を4種類紹介していきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リップル(Ripple)

 

リップルは、国際送金サービスの簡易化と低コスト化を主眼にシステム開発を進める仮想通貨です。

国際送金プロジェクトは世界各国の金融機関から大きな注目を集めており、リップルは2009年から各国の金融機関との提携に力を注いでいます。

現在では、提携先は100社を超え、日本でも三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などと協力しています

 

リップルの将来性を考えると、システム面だけではなく、上記で挙げた提携先企業の動向が大きな注目ポイントとなるでしょう。では、2018年には世界各国の金融機関にどのような動きが見られるのでしょうか?

 

金融機関や証券会社によるサービスの提供

 

2018年には、リップルと提携する三菱東京UFJ銀行が国際送金サービスを本格的に開始することを発表しています。

また、同社では、仮想通貨取引所にも参入を発表しており、資金力のある大手行の参入で仮想通貨業界が一変することが予想されています。

 

 

三菱東京UFJ銀行が進める国際送金サービスは提携先のリップルのシステムがベースとなっています。また、取引所に参入した場合には、提携するリップルが先行上場することは間違いありません

 

他にも、リップルと関係の深いSBIホールディングスは、リップルの送金システムを利用してプラットフォームの開発を進めています。

このプロジェクトには、ゆうちょ銀行の他にも三井住友銀行やりそな銀行、新生銀行などが参加を表明しており、大規模な内容になることが期待されています。

こうした金融機関の仮想通貨業界への参入や、リップルのシステムを使った国際送金サービスなどは2018年を目途に本格始動が予定されているため、当然、リップルに対する注目度は高まっていくでしょう。

 

リップルを扱っているおすすめ取引所

 

リップルを扱っている取引所ですが、国内なら「GMOコイン」、海外なら「バイナンス」が取引量、セキュリティ共におすすめです。



→バイナンスでリップルの取引を始める!←

 

モネロ(MONERO)

 

 

モネロは、匿名性を売りにした安全性の高い仮想通貨で、ビットコインとは異なるセキュリティ性能が武器になり人気を集めています。

 

モネロの特徴は、取引データを一度プールに保管しておき、「誰が誰にいくら送ったのか」という情報を追跡できないようにしています。ビットコインなどのブロックチェーンでは、世界中の誰もが取引データを閲覧できますが、モネロの場合は、データの秘匿性を高めることで取引の安全性を確保しています。

 

2018年、モネロに大きな期待が集まっているのは、この年に予定されているビッグイベントが多いからです。では、どんなイベントが開催されるのか、内容を見ていきましょう。

 

新システム実装により安全性や利便性が高まる

 

モネロの2018年実装予定システムは、「マルチシグネチャ」や「ハードウェアウォレット」などが代表的です。

マルチシグネチャとは、ひとつのアドレスに対して複数のセキュリティキーを割り当てることができる機能で、マルチシグネチャを実装することでセキュリティ耐性が飛躍的に向上します。

 

出典:銭ゲバ

 

また、今まではモネロ通貨を保管するためのハードウェアオプションは用意されていませんでしたが、2018年から専用のウォレットが実装される予定です。

専用のウォレットを利用することで、取引所に資産を預けるよりも安全で、自分のお金をしっかりと管理することができるようになります

 

また、「Bulletproofs」と呼ばれるプロジェクトでは、モネロ取引に対する手数料の削減やブロックサイズの拡張などが予定されています。

手数料の削減により、ユーザーのコストの減少、そしてブロックサイズ拡張によって一度に処理できる取引量が増え、決済承認スピードが向上することが期待されています。

 

→バイナンスでモネロ取引を始める!←

 

アリス(ALIS)

 

 

アリスは、SNSをベースにシステムを開発する仮想通貨で、投稿や投票によって報酬を得られるプラットフォームを提供しています。

 

例えば、SNSに記事を投稿することで仮想通貨を報酬として受け取れたり、他のユーザーの記事を評価することでも報酬を得られます。評価が高いほど、得られる報酬額も多くなるため、悪質な記事は淘汰され、良質なコンテンツのみが生成されることが期待されています。

 

 

アリスのシステムが実現化すると、これまでのメディアやインターネットの検索市場が一変すると予想されています。

今までのウェブコンテンツは、あくまでもGoogleが主体となって、内容を評価して市場に送られていました。

しかし、アリスのシステムでは、コンテンツを評価するのはユーザーなので、より読者の視点に立った記事が表示される機会が増えてくるでしょう

 

また、アリスに注目が集まって、システムの評価が高まると、投稿者や投票者の報酬も増えます。そのため、システムの提供者側と利用者側、どちらにとっても有益で、アリスの通貨の価値は飛躍的に上昇していくことが予想されるのですね。

 

しかし、2018年2月9日現在のビットコイン価格は約91万円と、1年前のレートと比べると約9倍にも急騰しています。 ...

 

国内取引所に上場した際は大きな値上がりが期待できる

 

アリスは日本で発行された数少ない仮想通貨です。現在のところ、海外取引所のみの取り扱いとなっていますが、今後国内取引所に上場することがあれば価格は飛躍的に上昇するでしょう。

過去にも、純国産のモナコインがビットフライヤーに上場した時には価値が一気に高まりました。

今のところアリスの上場予定は発表されていませんが、2018年の上場発表に非常に期待が集まっています

 

COIN EXCHANGE

 

バイナンスコイン(Binance)

 

バイナンスコインは、海外取引所である「Binance(バイナンス)」より発行されたオリジナル通貨です。

 

バイナンスは2017年に開設した新興取引所ですが、年末には既に仮想通貨取引高で世界一になり、今最も注目を集めている取引所と言えるでしょう。

バイナンスの取引所に注目が集まったことで、2018年には自然と独自通貨のバイナンスコインにも注目が集まります。

 

 

その理由として挙げられるのが、バイナンス取引所ではバイナンスコインを利用して手数料を支払うと、取引手数料が半額になるというサービスがあります。

 

取引所内の流動性が高まることで、手数料を安くするためにバイナンスコインの流通量も多くなるでしょう。そうなるとバイナンスコインの需要も高まっていき、価格が上昇することが期待できるのですね。

 

→バイナンスで仮想通貨取引を始める!← 

 

まとめ:2018年は新しく興る取引所にも注目しよう!

 

ここまで2018年に上昇が期待される仮想通貨について紹介してきました。

2018年は仮想通貨の各銘柄が熾烈な競争を繰り広げることが予想される一方で、仮想通貨を扱う取引所にも大きな動きが見られそうです。

例えば、こちらの記事に詳しいですが、2018年1月に起こったコインチェックのNEM(ネム)コイン流出騒動。また、取引所へのアクセス集中によるサーバーダウンが頻発するなど、残念ながら、現在の取引所は大切な資産を預かるための事業所として力不足が否めません。

 

 

株式や為替などを扱う証券会社では、ほんの30分でもサーバーがダウンしていると金融庁から厳しい通告を受けます。人の資産を預かる企業はそれだけ厳しい視線が向けられているのですね。

 

2018年には、SBI証券などの大手証券会社が仮想通貨取引所への参入を発表しています。また、三菱UFJなど大手金融機関も、取引所開設へと着実に事業をスタートしようとしています。

今後、仮想通貨で取引するユーザーは、通貨の銘柄選びだけではなく、健全な取引所選びにも力を注いでいく必要がありそうです。

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

2018年の仮想通貨市場が期待できる理由!機関投資家とは?

2018年はビットコインキャッシュ(BCH)が大躍進!?

2018年第一四半期リップルまとめ・提携企業・価格予想!

ビットコインは終わりが近い?!今後の展望をどう占う?

ビットコイン急落…過去の暴落とその理由・今後の見通し

ブロックチェーンの面白さ!利用するメリット・デメリットとは