ビットコインをウォレットで安全に保管!<特徴・種類・作成方法>


2018年1月に大手取引所coincheck(コインチェック)から580億円分のNEM(ネム)コインが盗まれるという事件が発生しました。基本的に仮想通貨は一切の補償がないので、ハッキングや不正アクセスによって資金が紛失してしまうと、戻ってきません

 

この件で問題視されていたのは、取引所に資産を預けっぱなしにしている方が非常に多いということ。

取引所に仮想通貨を預けておくとスムーズに取引ができる反面、やはりこうした問題が起こった時にお金が戻ってこないリスクがあることが大きいですね。

 


かく言う私も、2014年には悪名高きMt.Gox事件の被害にあい、悔しい思いをしました(-“-)

 

「まさか自分が」とは誰しもが思うところですが、相次ぐハッキングや盗難に、近頃では仮想通貨保持者の意識もかなり変わったと言えるでしょう。

 

「仮想通貨は自己責任」という言葉がよく聞かれます。 その意味は、取引所が破たんしたり、通貨が盗まれたりした場合でも、取引所を運営する側には...

 

資産を守るために大切なのは、やはり仮想通貨はウォレットと呼ばれるところで厳重に保管することです。

実際に被害にあった私だからこそ、声を大にして言いたいこと。

ウォレットにお金を預けておけば、仮に取引所で問題が起こったとしても資産が紛失する恐れはありません。

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 


でもウォレットと言われたって、どうやって使えば良いのか、どんな種類があるのか…

 


そこで今回は、ウォレットの種類や使い方、作成方法などについて解説していきましょう!

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の「ウォレット」って何?

 

 

仮想通貨を利用する上で絶対に覚えておきたいのは「ウォレット」という言葉ですね。

 

ウォレットは文字通り「財布」のことで、主にデジタルデータである仮想通貨を保管するために生まれました。ただ、紙幣や硬貨を入れておく普通の財布とは異なり、ウォレットには実体がありません。

 

仮想通貨はデジタル世界でデータ通信によってやり取りされ、ウォレットもデータを利用して残高や取引履歴などが書き込まれます

そのため、一般的な財布とはちょっとだけ使い勝手が異なります。

 


では、まずウォレットにはどんな種類があるのでしょうか。ここからは、一般的に利用されている4つのウォレットについて紹介していきましょう。

 

 

ウォレットの種類は全部で4つ!

 

ウォレットには合計4つの種類が存在します。

 

  • 取引所ウォレット
  • オンラインウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット

 

取引所ウォレットは文字通り、ビットフライヤーZaifなど、それぞれの取引所が用意している保管ツールのことです。

取引所に登録すると自分専用のウォレットが発行されて、仮想通貨の保管用として使うことができます。

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...

 

しかし、基本的には取引所ウォレットは使わないことをおすすめします。取引所ウォレットは常にオンラインに繋がった状態なので、便利な反面、常にハッキングに遭う危険性と隣り合わせだからです。

 


今回紹介する4つのウォレットは上から順に安全度が高くなるよう記載しています。そのため、取引所ウォレットは安全度が最も低いということになります。

 

外部のウォレットでもオンラインウォレットと呼ばれるものは、取引所ウォレットと同じく常にインターネットに繋がった状態なので、取引所が狙われなくても、ウォレット自体がハッキングや不正アクセスに遭うリスクを備えています。(ウォレットの安全性に関しては後述します)

 

では、残りの2つのウォレット。これらはオンラインには繋がっていないオフラインウォレット(コールドウォレット)とも呼ばれます。

 


ソフトウェアウォレットは自分のパソコンにソフトをダウンロードして利用します。ハードウェアウォレットは専用の端末を購入して、現実的な財布のように使えます

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の違いを知ろう!

 

 

仮想通貨について調べている方なら、ホットウォレットとコールドウォレットという言葉もよく聞くはずです。

 


簡単に違いを説明すると、ホットウォレットとは常時インターネットに繋がったもの、そしてコールドウォレットは反対にオフライン状態でも使えるものを指します。

 

そこで、先ほど紹介した4種類のウォレットに当てはめてみると下記のようになります。

 

  • 取引所ウォレット    → ホットウォレット
  • オンラインウォレット  → ホットウォレット
  • ソフトウェアウォレット → コールドウォレット
  • ハードウェアウォレット → コールドウォレット

 

そして、これら4種類のウォレットは上から安全性の低い順に並べています。つまり、ホットウォレットの方が安全度が低く、コールドウォレットの方が安全度が高いということになります。

 

 

仮想通貨を預けるウォレットはどれが一番安全?

 


では、仮想通貨を安全に運用するにはどのウォレットを選ぶべき?

 


何度も強調しますが、ウォレットを選ぶ際に最も重視すべきことは、「本当にそこに保管して安全か?」ということです。

 

コールドウォレットは、ソフトをインストールしたり、専用端末を購入することでオフラインでも利用できますので、PCのウイルス対策さえしっかり行っておけばハッキングや不正アクセスの危険性は少ないと言えます。

対して、常にオンライン状態のホットウォレットは、それだけ外部から侵入するチャンスがオープンになっているということなので、危険性が高くなります。

 

 

ですが、ホットウォレットにもメリットがあり、コールドウォレットにもデメリットがあります。

例えば、オフライン状態のコールドウォレットから通貨の売買や送金を行うには、オンラインの状態に接続する必要があるので、多少面倒が増えます

また、ハードウェアウォレットは安全なだけでなく、紛失してもパスコードさえあれば復元できるので便利ですが、端末が少々高額だったりといったデメリットがあります。

 

ただし安全性を第一に考えるならば、コールドウォレットを選択するのが正解です。

 

今では最大のリスク管理として、コールドウォレットを保有していない方が少数派になっているのではないでしょうか。

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

4種類のウォレットの作成方法や使い方は?

 

ウォレットについての仕組みや特徴などを紹介してきましたが、では実際にどのように作成したり、利用することができるのでしょうか。

 


取引所ウォレットは口座を開設すると自動的についてくるので、その他の3つのウォレットについて紹介していきましょう。

 

つい先日の仮想通貨取引所「コインチェック」のNEMコイン流出・盗難は、歴史上最大規模の盗難事件として、仮想通貨業界全体にネガティブな注目を集めて...

 

オンラインウォレット

 

オンラインウォレットの作り方は非常に簡単です。

 

  1. ウォレットの公式サイトへアクセスする
  2. 会員登録する
  3. 画面に表示されるプライベートキーを使ってウォレットにアクセスする
  4. アカウントアドレス宛に仮想通貨を送金する

 

たったのこれだけで済みます。ただし、オンラインウォレットは常にインターネットに繋がっていること、ハッキングなどによる盗難の危険が高いことだけは忘れないようにしましょう。

 

ソフトウェアウォレット

 

ソフトウェアは、パソコンにダウンロード、インストールすることで、インターネットに繋がっていなくても使えるソフトのことです。

ソフトウェアウォレットもオンラインウォレットと同じような手順で作成することができます。

 

  1. ウォレットの公式サイトへアクセスする
  2. ウォレットソフトをダウンロード/インストールする
  3. ソフト内のプライベートキーでウォレットにアクセスする
  4. アカウントアドレス宛に仮想通貨を送金する

 

オンラインウォレットとの違いは、インストールが完了した時点でオンライン状態が遮断されること。だからこそ、ハッキングや不正アクセスの被害に遭う危険性も抑えられるのです。

 

ハードウェアウォレット

 


ハードウェアウォレットは、手のひらサイズの小さい端末に直接プライベートキーを保存します。そのプライベートキーさえ保存できていれば、外部から仮想通貨を送ることで、厳重に保管ができるのですね。

 

現時点ではもっとも安全性の高い資産保護の方法です。

 

ハードウェアウォレットで有名なのは「Ledger nanoS」などのブランドです。

ハードウェアウォレット自体を失くしてしまうと大変なので(復元はできます)、端末の厳重保管は必須です。

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

まとめ:安全だと思うことは全て行う覚悟で仮想通貨を扱う

 

今回のコインチェック騒動は、NEM(ネム)という仮想通貨を盗まれた取引所自体の問題性が指摘されます。

よく盗難にあった仮想通貨自体の批判をする人がいますが、それはもちろん全くの的外れです。


コンビニの1店員がレジのお金を盗んだからといって、「お金が悪い」と言う人がいないのと同じです(;´∀`)

 

しかし、投資家の方たちにしても、自分でできるリスク管理は行っておくことをおすすめします!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ビットコインの先物取引とは?初心者の方にもわかりやすく解説します

<お手軽便利>なおすすめ仮想通貨関連アプリまとめ

ビットコイン初心者必見!<その2>仮想通貨投資のリスク/対処法

仮想通貨のチャートの見方を徹底解説!<初心者必見!>ローソク足を覚えよう

仮想通貨の資金管理について解説!具体的な方法も紹介します

ビットコインが分裂?!「ハードフォーク」とは