「草コイン」てなに?購入には注意が必要?

仮想通貨には、ビットコイン以外にも様々な種類が存在します。その中でもよく耳にするのが「アルトコイン」や「草コイン」という言葉ですよね。

 

アルトコインと草コインはよく似た意味を持っていますが、狭い意味では全く違うものと判断されています。

アルトコインは、「Alternative Coin」、つまり「ビットコインの代用通貨」=「ビットコイン以外の通貨」という意味があります。

 


じゃあ草コインて、一体どういう意味?ネーミングからして怪しそうだけど

 


そこで今回は、草コインの特徴や性質について紹介しつつ、購入する際の注意点なども取り上げてみましょう!

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

草コインって一体何?特徴や性質などを紹介!

 

草コイン,アルトコイン

 

草コインの定義はちょっとだけ難しく、「儲かるか儲からないか分からないような仮想通貨」のことを表したり、「ビットコイン以外の仮想通貨」のことを草コインと呼んだりします。

人によって細かい定義が異なるのが特徴なんですよね。

 


「草」と呼ばれる理由も色々と存在していて、「笑ってしまうほど価値の低いコイン」から来ているという意見が多いですねwww

 

ネット上では(笑)のことを、上のように一文字で「w」と表現したり、「www」などと繋げて大笑いする際に使用することがあります。この「www」が草が生えているような状態に見えるので、「笑ってしまうほど」→「草が生えるほど」→「草コイン」という連想がされたのでしょう。

 

草コイン,意味

 

草コインの定義は難しいと書きましたが、ここでは草コイン=「時価総額上位から外れる仮想通貨」と定義してみましょう。

 

仮想通貨の時価総額は、現在の単価と通貨発行量を掛け合わせて計算されます。

時価総額が高いということは、1通貨辺りの価格が高く、たくさんの方に保有されている仮想通貨ということが言えますね。

 

また、この時価総額の上位から外れるということは、「投資するかどうか迷う」銘柄になります。

確かに現在の価格は安いけれど、将来大きな値上がりをする可能性も備えています。一方で、そのまま消えて無くなってしまうリスクも当然あるでしょう。

 


では、草コインと呼ばれる仮想通貨にはどんな銘柄があるのでしょうか。ここからは、草コインの中でも注目されている通貨を紹介していきましょう

 

 

草コインにはどんな種類があるの?

 

草コイン,種類,アルトコイン

 

草コインは誰にも見向きされないような低価格を保っているという性質がありますが、しかしチャンスにも溢れています。

もしかしたら将来大きな値上がりを見せる可能性も秘めており、人気の無い今の内に先行投資することで大きな利益となって還元されるかもしれませんね。

 


そのため、草コインだからと言って投資対象から外すというのは少しもったいないと言えるでしょう。中にはたまたまいま価格が安いだけで、これから大きな注目を集めるものもあるかもしれません!

 

実際に草コインと呼ばれる仮想通貨の中でも注目を浴びているものもあり、時間の経過によって時価総額ランキング上位に組み込んでくる可能性の高い銘柄もあります。

 

そこで、草コインの中でも人気の高い銘柄をピックアップしてみました。

 

FXは少ない投資額で大きい金額を動かせるので、儲けられる金額が大きい一方で、損を出した時の額もバカになりません。そのため、ハイリ...

 

ドージコイン(DOGE)

 

DOGE,ドージコイン,草コイン

 


ドージコインは2013年に日本で生まれた仮想通貨です。ビットコインのシステムを基に開発されたので、基本的な性質や使い方はビットコインとほとんど同じです

 

ドージコインの価格は2018年3月6日時点で1DOGE=0.5円ほど。

DOGE通貨が安い理由は、開発された理由が遊び感覚だったことが強いでしょう。通貨ロゴに用いられているのは柴犬で、イラストなどで描かれた柴犬が元になってジョーク的に生み出されました。

 

ビットコインを基軸としているのでブロックチェーンはもちろん、マイニングなどのシステム環境は整っていますが、将来何のために使われるのかなどのコンセプトがないので、なかなか投資判断が難しいところです。

 

「仮想通貨にはブロックチェーンが使われているから安心?でも、そもそもブロックチェーンって何?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。 ...

 

ただ、ドージコインには発行量上限がないこと、そして取引の承認時間が非常に短いなどの強みもあるので、草コインの中では買いやすく人気が高まっています。その理由に時価総額は既に400億円を突破しています。

ドージコインはBittrex(ビットレックス)やPoloniex(ポロニエックス)の取引所で購入できるので、気になる方は一度ご検討ください。

 

シアコイン(SC)

 

Siaコイン,シアコイン,草コイン

 

シアコインは2015年に発行された仮想通貨です。草コインとしてはドージコインと同様、人気の高い銘柄となっています。

 

シアコインの特徴は、個人のパソコンなどの中で利用していない空間を他者に貸し出せるというシステムを開発しています。

この空間をストレージと呼びますが、ストレージを誰かに貸すことで報酬としてSC通貨が受け取れるのですね。

 

シアコイン,ストレージ

 

シアコインのシステムを簡単に説明すると、クラウドネットワークをイメージすると分かりやすいですね。

クラウドネットワークは、例えばGmailなど、会員情報さえ登録しておけば、どのパソコンからでもメールを送れたり、受信したメールを確認できます。そして、データを保存するにもサービス提供側が行ってくれるので、個人のパソコンの負担にならないというメリットがあります。

 

仮想通貨について調べたり勉強している方は「P2P(ピア・トゥ・ピア)」という言葉をよく耳にしませんか?でも、P2Pと聞いたって正直なところ何のこ...

 

シアコインもこの仕組みと同じで、他の方のパソコンの中でデータを一時的に保管してもらえて、そしていつでもそれを引き出すことができるような感覚です。

しかも、保管場所を貸した人には報酬がもらえるので、貸し手と借り手の両方にメリットがあるのですね。

 


シアコインのアイデアは他の仮想通貨と比べても大変面白いもので、今は草コインのくくりでまとまっていますが、今後は大いに成長する可能性を秘めています

 

ちなみに、シアコインを扱っている取引所はBittrex(ビットレックス)やPoloniex(ポロニエックス)となっています。

 

草コインを買う時の注意点やリスクについて

 

草コインを買う時に最も注意すべきことは、仮想通貨の取引量です。

草コインは時価総額で上位ランキングから外れたものを定義すると記載しましたが、時価総額が低いということは、それだけ取引されている量も少ないということで、これは仮想通貨の「流動性リスク」に当たります。

 

「仮想通貨は自己責任」という言葉がよく聞かれます。 その意味は、取引所が破たんしたり、通貨が盗まれたりした場合でも、取引所を運営する側には...

 

流動性リスクは、仮想通貨を買いたい(売りたい)と思っても買えない(売れない)可能性のことを表します。

 

例えば、仮想通貨は取引所を利用して売買するのが一般的です。しかし、その仮想通貨の流通量が少ないと、取引画面には「希望する値段がない」ということが起こり得ます。

そうすると狙っていたタイミングを逃して利益が少なくなってしまうこともあるでしょう。これを流動性リスクと言います。

 

そのため、草コインの取引を行う場合は、扱っている取引所の流動性を調べたり、仮想通貨全体の中で該当する草コインの取引量を調べるということが不可欠になるでしょう。

 


また、通貨の信頼性という面でも草コイン投資は気をつけなければなりません。草コインの中には、販売されたものの全くプロジェクトが進んでいないとか、価格が不正に操作されているものも少なくないからです

 

そうした仮想通貨は詐欺コインと呼ばれ、いづれ市場からは姿を消す可能性が高いですが、自分の資産と共に消え去られてもどうしようもありませんよね。

何のために開発された通貨か?」や「プロジェクトのロードマップ」、「開発陣の経歴」などの情報をしっかりと精査して投資判断を行うべきでしょう。

 

日本国内には「ビットフライヤー」や「Zaif」といった有名取引所がありますが、そこで購入できる仮想通貨の種類は最大で14種類までと決まっています...

 

仮想通貨に投資する方にとって、今後どの銘柄が上昇するのかという将来性を予測するのは非常に重要ですよね。 2018年2月現在の仮想通貨は、中...

 

 

まとめ:ビットコインも元々は草コインだった

 

bitcoin,ビットコイン,草コイン

 

草コインというと「儲からない」という印象や、「少し危険そう」というイメージが先行してしまいがちですよね。

しかし、全ての草コインがそうかと言うと決してそんなことはなく、中には将来有望な仮想通貨も含まれています。

今でこそナンバーワンのビットコインでも、もともとは「なんだこのオモチャは?」と怪訝な目で見られていましたからね。でも、一時は200万円もの価格を記録したのですから、今は草コインと呼ばれている中にも将来が期待できる通貨もあります。

 

もし、この記事を読んで下さっている読者の方が上記のようなお悩みを抱えていらっしゃるなら、今回紹介する記事をぜひともご参考にしてみ...

 


ただし、草コインには特有のリスクも含まれていますので、注意点や危険性にも十分に注意して投資を行ってください!

 

「仮想通貨を始めてみたいけど、全く分からない」 そんなお悩みを抱く方に、今回は仮想通貨の基本の「き」である仕組みや買い方、リスクなどについ...

 

仮想通貨取引所は、国内と海外に分かれ、それぞれ取り扱う通貨の種類が異なるのです。また、取引所によって、手数料や独自のサービス内容...
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ビットコインの次はコレ!狙い目仮想通貨(オルトコイン)3選

日本で買える仮想通貨全14種類<その特徴と将来性>

仮想通貨ALIS(アリス)の特徴・将来性・買い方徹底解説

話題のリップル(XRP)の特徴・将来性・購入方法まとめ!

どの仮想通貨を買えばいい?将来性バツグンなアルトコイン5つ!

ネム(NEM)の特徴・将来性・購入方法を徹底解説!